スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠しファイルの表示

隠しファイルの表示
なんか怒りの矛先が違うところを向いてしまっている気がします。

フォルダオプションでファイルとフォルダの表示の設定を変更しても、元に戻ってしまう
という記事を作りはしましたが、それだけでは解決しない事例があることも
何度か見ています。Cドライブの直下に AUTORUN.inf がある場合などは、
レジストリの値1つを手で直すのではなくて、きちんとした駆除ツールで
対応した方が良いですね。

パソコンFAQの2月のPVランキングで、実は上記ページは9位にランクインしています。
そんなに感染している人が多いんでしょうか?

1位:トップページ 12,511
2位:Vista FAQ 10,186
3位:IE7自動更新のブロック 6,202
4位:Vista サービス一覧 4,351
5位:デスクトップカスタマイズにIEがない 2,569
    :
9位:フォルダオプションでファイルとフォルダの表示の設定を変更しても、元に戻ってしまう 2197
スポンサーサイト

◇この記事へのコメント

『去年の秋頃』
会社のPCで同じような状況になったことがあります。
その時はやはりウィルスでした。↓
http://www.trendmicro.co.jp/vinfo/virusencyclo/default5.asp?VName=VBS%5FSASAN%2EA&VSect=P
当時は別名内のVBS.Solow.Bだけがデータベースにありました。
海外で使っていた外付けHDDから感染したんですが、感染力は強力でした^^;
被害は大した事無いのですが。。

ちなみにウィルスセキュリティZEROはVBS系のウィルスは
全然感知しません(笑)カスペルスキーや無料のavast!は
バッチリ警告が出るんですけどね~。
2008/03/03(月) 05:49:04 | URL | 1964 #mQop/nM.[ 編集]
『タイトルを入力して下さい。』
外部媒体からの感染例は、私も体験があります。
ノートンがしっかり反応して、無駄に重くしてるだけじゃなくて
きちんと働いているんだなと感心しました。

ウィルスセキュリティZEROは無反応ですか。
安くてもそれでは困りますね。
2008/03/03(月) 21:30:01 | URL | AT950 #djtqH57E[ 編集]
『>隠しファイルの表示』
興味をもって、読ませていただきました。
結果は同じでも、原因は色々なんですね
単純に解決しないのも、これでわかりました
実際ウイルスが原因のものが、いかほどあるのか
それも知りたいところです。
2008/03/03(月) 23:37:14 | URL | CQ #GmFj/2rs[ 編集]
『元凶を断たないと』
CheckedValue が 1 のときに「ファイルとフォルダの表示の設定」を
変更しても元に戻ってしまうのは確かなのですが、いくらそれを直しても
CheckedValue を 1 にしている元凶を断たないと、トラブルが再発してしまいます。

パソコンFAQではいくつものレジストリ値を紹介していますが、その名前でググると
8割くらいはウィルスやスパイウェアの情報に行き着く気がします。
それ以外の要因には、Win高速化や窓の手のようなカスタマイズソフトがありますね。
2008/03/04(火) 00:04:40 | URL | AT950 #djtqH57E[ 編集]
▼コメントを投稿する
(必須)
(必須)
URL:
Comment:
Pass:
  管理者にだけ表示を許可する 

◇トラックバック

WindousUpdateでコード80071A91が表示される◇ ◇タスクマネージャーは管理者によって使用不可にされている
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。